www.brisbanefeminismonline.net
借入に関しての支払方法は、企業それぞれで相当ずれがあって多様なやり方が採用されています。一般的には残高スライド法やリボ払方法が取り入れられているようです。またこういう多くの人がわかっているリボでも、実を言えば算出方式に多くの様式があったりします。そしてさような法によって引き落し合計額が違ってしまいますので理解しておいて損なことはないはずです。しからばやさしく2つの方法のへだたりに関して解説します。一つは元金均等払い、次は元利均等払いです。これらはその名を冠する通り元本についてを一様に返済していくという方式と、元金と利息をつごうで均分に返済していくという形式です。この場ではたとえば10万円カードローンをしたと設定し実際問題としてどういう勘定をするか試してみます。利息をどちらも15%と設定し計算します。リボ払などの額を1万円と仮定し計算します。取りあえず元金均等払いのほうからいきましょう。かくのごとき事例の1回目の支払は1万円に対して金利分の1250円を加えた引き落とし額となります。次回の返済に関しては1万円に対して利息1125円を足した引き落としになります。こうして全10回にて返済を完了させると言う方式になります。一方元利均等払いというものははじめの支払いに関しては1万円ですが元金へ8750円利率に1250円と言うように割り振るのです。次回の返済は元本が8750円に減った状態で利率を算定し、1万円から更に割り振るのです。言い換えれば元利均等払いの場合では10回で引き落しが完了しないといった勘定になるのです。たったこれだけの違いで両方がどれくらい違っているかがたっぷりとわかってもらえたことかと思います。元利均等は元金均等と比べて、明白にもと金が減少していくのが遅いといった弱点というのが存在するのです。別のことばで言えば利息といったものを多く支出するということになります。他方1回目の支払が少なくて済んでしまったというメリットというものも存在したりします。かくのごとき支払形式に関するギャップにより、支払合計金額というものは変わってきますから自身の嗜好に合った計画を取るようにしてみてください。