www.brisbanefeminismonline.net
自動車重量税、略して重量税は日本の車あるいは外国の車という自動車の国やスポーツカー、ワゴン車というような自動車のタイプも全て同じで、例えば、クライスラー、等にも同じように負担を必須とされている税金です。新車を登録する際もしくは定期的にある車検を受ける場合に払わなければいけない税になります。その税額は対象となる愛車の重量により定められています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に違う税金ですのできちんと理解をして一緒にしないようにしなければなりません。「自動車重量税とは自動車の重量によって」「自動車税という税金は自動車の総排気量により」その額が変わってきます。それで買い取り時の扱いも異なってきますので注意が必要です。車の売却のときには支払った額がどれだけ残っていてもその税額が返還されるようなことはありませんが、一方で自動車税であれば、既に支払った額を買取額に足してくれるといったケースがあるものの重量税については上乗せになるようなケースはなかなかないはずです。重量税は車の処分時に既に納めた税金が残っているとはいえ車の買取専門店の方でそれが配慮されるケースはまずないです。ですから次の支払いつまるところ車検に出すまで処分するのを少し保留し手放すということが一番良いでしょう。中古車の引き取り時は還付の対象にならないのが重量税ですがある条件のケースでしたら返還されることもあるのです。この事例というのは、車検が残存している廃車として処理するケースです。つまり廃車申請をした時に残存期間に従って重量税が戻ってきます。ただし、自動車の買取の際はその車が廃車になるわけではないので返金されません。さらに、手放す自動車の名義を変更した場合や盗まれたケースなども還付を受けることはできません。自動車重量税が残っている自動車を売るイコール、車検期間が残っている中古車です。それを買取店も計算に入れますので、自動車重量税の期間が残っていれば、そこそこ買取金額はあがるでしょう。当然売却額は店により異なりますが、車検が残っていることを計算に入れてもらえば所有車の買取金額からみるとそんなに払い損ということもありません。